from Hirai-Laboratory web


博物館経営の研究者のBlog.
研究を中心に趣味や日常などについても紹介していきます.

2015年度産学連携実践論@solid & liquid READING STYLE PROJECT MACHIDA
今年度の産学連携実践論は、町田マルイ6階の書籍・雑貨・カフェという3つの側面を持った複合型書店「ソリッド&リキッド」が舞台になります。

この複合型書店を展開する「マルノウチリーディングスタイル」のマネージャー北田さんと本講義アドバイザーであるイベントプロデューサーのテリー植田さんのご協力の下に、履修生たちと新しい企画を立ち上げます。


このソリッド&リキッドの書棚は、とてもセンスが良いなと感じました。
決して広い売場面積ではないので、総合書店のようにすべてのジャンルを網羅的に揃えているわけではないし、マンガも置いてないです(←これは別にどうでもいいかな?)。
でも「大人の男の作り方」(?だったと思います|汗)や「冒険」などといったテーマで思わずニヤけてしまうようなユニークな本がそこかしこにあり、書店の醍醐味である「本を探す・本に出会う楽しみ」が感じられます。

北田さん曰く「本に興味がない人に、本好きになってもらうきっかけづくりが一番やりがいがある」とのこと。


私も北田さんが手がける面白いきっかけに思わず本を取ってしまいました。

BIRTHDAY BUNKO
365日分の本が写真のようなカバーにかけられ置かれています。


打ち合わせがあった6/1は奇しくも私の誕生日。
BIRTHDAY BUNKOを手に取るとF・W クロフツ《樽》とあります。
専門書と論文と雑誌ばかりでいわゆる小説はあんまり(ほとんど?)読まない私は知らない本。

北田さんが「ミステリーです。面白いですよ。」と少し補足説明してくれた。
さすがに私も「ダヴィンチコード」は読んだし、ダン・ブラウンは好きになり、他の本も読んだのでミステリーは性に合うかもしれない。
しかもこの作家、私の誕生日のちょうど100年前に生まれたそうです。

ソリッド&リキッドでなければ、北田さんがこの棚を作ってくれなければ出会わなかった本。
なるほど、確かに面白い仕掛けだな。と北田さんのアイデアマンぶりに思わず感嘆してしまった打ち合わせでした。

履修生が、もちろんひいては私もですが、このレベルで本に向き合いながらビジネスをしているソリッド&リキッドと北田さんについていけるか?今回もタフな企画になりそうですが、とてもワクワクしてきました。

企画は現在各グループが考え中で、どんな企画が上がってくるのかはまだ分かりませんが、ひとつだけ分かったことは町田にお気に入りの場所ができたということです。

皆様2015年度の和光大学産学連携実践論の新しい企画をお楽しみに!
- comments(0) trackbacks(0)
新年度がはじまりましたね
新年度のスタートは、オリエンテーションや履修を主とした各種登録など、学生だけではなく教員もバタバタするもんです。
しかも今年度は教学関連の担当となったため、いきなり右往左往してます(苦笑)

しかも春休みでリセットされた体は、2ヶ月ぶりぐらいの講義に戸惑っていて、4コマある木曜日はグッタリしちゃいます。さすがに90分×4コマ分も喋ってれば、話好きの私でも家に帰れば無言になるもんです. . .

それでもやっぱり新しい学生を迎えられる新年度は私もどこかウキウキするような心持ちになります♪

長期休業中は調査や研究に集中できる!と思いつつも意外と雑務も多くて時間があるようでない上に、色々なことができると思っていると色々なことが中途半端だったりと、なんとなくしっくりこない。教壇に立ち、講義をして、学生と接する。講義の準備のため慌てて文献を漁りながら、毎年内容をアップデートしていく. . . この毎日を繰り返さないと、なんとなく落ち着かない体になりました。

まだ大学教員になって7年目の若造ですが、「自分は研究者なんだ」と変に固執してた当初より、研究と教育のバランスが自分の中で徐々に取れてきたのかなと思う今日この頃です。



そして、アートの専門学校の非常勤もはじまりました。ここは専門学校で博物館学芸員資格課程を設置した老舗で、私は必修科目である博物館経営論を担当しています。大学では半期2単位(15コマ相当)の科目ですが、専門学校の場合は通年で24コマ相当のボリュームが必要となります。

この大学より長い時間を利用して、私は最初の4回分ぐらいは経済学や経営学の基本的な部分を教えます。市場メカニズムの基本構造やビジネスにおける川上から川下へと至る事業活動の流れなどです。こうした基本的なお金の動き(流れ)や仕事の実際を前提条件として分かっていなければ、博物館経営の独自性を正しく理解することができないと思うのです。

こうした基本的な理解に加え、博物館に限らないパブリックマネジメントや文化政策・文化経済学を下敷きにした上で、博物館経営というものをしっかり学んでいかないと「自己収入が低すぎる(=経営努力が足りない)」「民間企業なら赤字だ」「貴重なモノを持ってるんだから税金を投入するのが当たり前なんだ」という短絡的な結論になってしまうと思っています。

博物館経営論の単位拡充(1→2)がなされ、博物館における「経営」の重要性が認識されましたが、その学びの中身についてはまだまだ多くの議論が必要だと思います。私も試行錯誤中ではありますが、今年の履修生に良い知見をお届けできるよう努力したいと思います。

実は例年に授業アンケートを取ると、最初にやるガチンコの経済学や経営学の部分が一番面白い or ためになったという感想が多いのは、痛し痒しな感じです(苦笑)
- comments(0) trackbacks(0)
指定管理者制度の開始と博物館法改正:制度改正の概観と社会的役割の多様性

昨日、科学技術館にて日本ミュージアム・マネージメント学会基礎部門研究会第9回研究会「指定管理者制度の開始と博物館法改正:制度改正の概観と社会的役割の多様性」が実施されました。

今年度は、学会として3年間取り組んできたテーマ「社会のためのミュージアム」の最終年度に当たることから、今回はまとめとして、近年の制度改革がミュージアム・マネジメントに与える影響を概観することになりました。

この度コーディネーターを拝命した私は、制度改革の概観だけで終わるのではなく、次の3年につながるような話題提供をしたいと思い、博物館の社会的役割の多様性について、博物館が役割を期待される他領域の専門家からの視点を入れたいと考え「観光」と「まちづくり」の発表を加えました。以下で簡単に報告したいと思います。


------------------------------------------------------------

「指定管理者制度の開始と博物館法改正」 和光大学経済経営学部 平井宏典

新自由主義改革に基づく新しい公共の形として、官から民へのスローガンの下、日本版PPPを実現するための博物館に関連する制度改革として、独立行政法人化、指定管理者制度、PFIの活用、アウトソーシング等の方策の活用が検討されはじめた。

公立館が大多数を占める日本において、多大な影響を与えた指定管理者制度は、そのインパクトの大きさから議論が白熱し、すべて同じバケツに問題を押し込め、混沌とした中で今も関係者が戸惑いながら制度活用の検討が進められている。制度設計における問題、制度を運用する設置者側(地方公共団体等)の問題、そして指定管理者側の問題など、きちんと問題の所在を整理する必要がある。

個人的には、島根方式など制度の運用面で如何様にもできる問題はあると思うし、指定管理者側よりも設置者側がしっかりとポリシーを持っていなければいけないと感じている。

約60年ぶりにもなる博物館法改正は、関係者の期待とは裏腹に小幅に終わり、当時は新聞で「期待はずれ」等かなり刺激的な言葉も使われたりした。そこで、本発表では主な改正点を列挙すると同時に積み残した課題として、登録制度や学芸員養成課程、さらに努力義務が法に明記されることになった評価についての問題を確認した。

「観光のトレンド」明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部 神末武彦先生

現在、観光業界での話題といえば2020年の東京五輪、インバウンド政策、MICEの強化と誘致。しかし、MICEについてはアジア圏で日本は遅れをとっている。日本の観光業における問題は挙げれば切りがないが、博物館にも関連のあるところで言えば多言語表示等の観光地整備、言語バリア(通訳ガイド、語学力)、受け入れ施設、地方との格差といったところか。

現代社会が観光に与える影響として、運輸のハイスピード化やマスによる低価格化によって世界の様々なところへ行けるようになった一方、ヴァーチャル化(リアルへの欲求を削ぐ)や観光地の画一化(による魅力の低下)等のマイナス面も出てきた。

しかし、近年ではバブル期の頃のような団体旅行(マス)から個人旅行へ、画一的なツアーから多様性へとトレンドが変化してきている。この多様性における目的型とも言える観光スタイルはタイプによって様々な呼称がありAgriculture、Arts、Cultural、Eco、Educational、Heritage、MICE、Dark、Ruralなど枚挙に暇がない。

上記のような目的型の観光において博物館が果たす役割は非常に大きい。特に、従来型の観光である「行ったことのない場所へ行くこと」から「現地の文化を観ること」へ変わり、現在では「現地文化を体験したい(観光用から本物へ)」がトレンドになっている。この辺りは本物がある博物館の醍醐味だと考えられる。

最後にハワイを例にとった観光のトレンドの変化をビショップミュージアムの取組の紹介と共に説明していただいた。

「博物館とまちづくりの接点」東海大学 江水是仁先生

まちづくりとは「住民生活における「土地の共同」利用とその上に成り立つ共同生活条件の整備を目的として、生活の必要性に基づいて地域問題を解決し、目指すべき地域像を達成していく取り組み」(山崎丈夫『まちづくり政策論入門』より)

上記の認識に立ち、社会教育基本法や博物館法、または生涯学習審議会答申や中央教育審議会答申に目を配ると「自ら実際生活に即する文化的教養を高め得るような環境を醸成する」「地域住民その他の関係者の理解を深めるとともに、これらの者との連携及び協力の推進に資する」「地域の連携、まちづくり」「従来の『官』と『民』の二分法では捉えきれない、新たな『公共』のための活動」等の記述が散見され、博物館とまちづくりは密接な関係にあると考えられる。

ケーススタディで取り上げられた長谷川町子美術館では、著作権に抵触する漫画原画のキャラクターを地域に解放し、銅像を制作したり、駅の看板にキャラクターを利用したり等、美術館の活動を敷地内にとどまらせず地域全体に浸透させることで「桜新町=サザエさん」というまちづくりに成功した。

さらに「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館」の事例を紹介すると共に、博物館の機能を敷地内や学芸員にとどめない、ミュージアムを必要とする人たちにその運営を任せる新しい公共のあり方と、博物館の脱施設化・学芸員の役割の変化が指摘されました。

------------------------------------------------------------

私の制度改革は置いといて....


観光は神末先生の指摘通り博物館の果たす役割は大きいと思います。旧来の観光地における集客施設としてだけではなく、地域外の人との関係を構築するという意味で博物館ならではの観光における役割があると考えています。もちろん博物館本来の機能を発揮して、その土地固有の文化を発信する主要な施設としての役割を果たすことは、特に地方において重要性が高いと思います。

また、江水先生のまちづくりの話は奇しくも私がここ数年来取り組んでいる芸術祭の調査や社会ネットワーク論に基づく博物館経営の研究にとても近い内容でした。博物館の機能や役割を広く地域へ敷衍するというか、より博物館が地域へコミットしていくというのは重要なことだと感じています。「開かれた博物館」としてドアをオープンにして色んな方に来ていただくだけではなく、博物館自ら地域に出ていくイメージが必要不可欠だと思っています。

コーディネーターとして力不足ではありましたが、登壇者と関係者の皆様のご助力で充実した研究会になったのではないかと感じております。活発に議論していただけた参加者(遠方からの方も)の皆様も含め、この場にて心より御礼申し上げます。自分自身もとても勉強になった一日でした。
 

- comments(0) trackbacks(0)
茅ヶ崎ゆかりの人物館
茅ヶ崎ゆかりの人物館は2015年2月11日に無事プレオープンを迎えることができました。

関係者及びご協力いただいた皆様に、この場にて恐縮ですが感謝申し上げます。ありがとうございました。


こちらとしては2/11で一息ついきたいような気にもなりますが、もちろん、まだゴールどころかスタートでもありません。なんせプレですから。

これから2016年春のグランドオープンに向けて、市民の皆様と一緒にこの人物館をどんな場としていくかを考えたいと思っています。そのためにプレオープンの期間を約一年強もとっています。

例えば、プレオープン期間は隣接する開高健記念館と開館日を合わせ週3日(金土日)としています。また入館料も無料ですが、有料化も視野に入れております。この辺りについて館内でアンケートを実施しますので、ぜひ皆様の声をお聞かせください。



アドバイザーとして関わらせていただいている者として、この人物館をどう経営していくかについて大切にしている点が2つあります。

まずひとつが、当館は「人物館」ですが、特定の個人を讃える施設、よくみられる殿堂や顕彰館ではありません。
茅ヶ崎の歴史と風土に育まれたゆかりの人物や作品に関する情報と資料を収集・保管し、調査研究し、教育的配慮の下に展示する「ひと」にスポットを当てた博物館だと考えています。

プレオープンの企画展に市民栄誉賞受賞者を取り上げた理由も、「いまを生きる私たちと同時代に活躍されている茅ヶ崎ゆかりの方」だからです。「ひと」に関する評価は、著しく顕著な例を除けば、どうしてもある一定の時間が必要となります。そうすると必然的に物故者が多くなってしまいます。しかし、物故者になってしまうと若い方、特に子どもには実感をもって理解することが難しくなります。もちろん、そうした方も丁寧に調査研究し、工夫を凝らして展示していきたいと考えていますが、同時代の方々も積極的に取り扱っていきたいと思っています。

普通、子どもが宇宙飛行士になりたいなんて夢を語ったら一笑に付されてしまうかもしれませんが、「でも茅ヶ崎には実際に野口さんと土井さんという宇宙飛行士が2人もいるじゃないか!」と言えるかもしれません。だって昔の話ではなく、今まさにそうなのですから。

そういう意味で、人物館では過去から現在、そして未来へつながる時間の流れを丁寧に扱っていきたいと思います。そして、「ひと」もいわゆる著名人だけではなく、市民が主役になれるようにしていきたいと考えています。


もうひとつが「生きている・動いている」ということです。

菱沼海岸近くのラチエン通り沿いに位置する人物館は、小高い丘の上に立つL字になった二棟の建物とそれをつなぐ扇状のウッドデッキからなる施設です。築40年ほどの民家をリノベーションした平家の建物は、茅ヶ崎の別荘文化を表す佇まいです(展示館のみ、多目的館は新築)。

隣接する開高健記念館の哲学の小径につながる散策道もあり、散歩するにはとても素晴らしい環境にあると思いますが、展示スペースとしては残念ながらかなり狭いと言わざるをえません。だからというわけではありませんが、展示も固定的ではなく、柔軟に変えていったり、ワークショップも実施していったり、館内だけではなく館外へ飛び出していくような取り組みをしていきたいと思います。



博物館は資料の保管という性質上、どうしても内向きになる傾向があります。それは資料を収集する(館内へ取り込む)・資料を保管する(守るために外へ出さない)という観点から正しい行動ではありますが、むしろ自分から外へ出ていくような取組をしていきたいと考えています(これは風呂敷を広げてみた段階です)。


2/15に開催したプレオープンの記念イベントは「記念植樹(夏みかん)」と「餅つき大会」です。

 


植樹は食べられる実のなる木にし、収穫できるようになったら茅ヶ崎の事業者さんに協力してもらいジャム等に加工して皆様と一緒に食べたいと考えています。また餅つき大会も立地する東海岸南6丁目の自治会とラチエン通り商店会の皆様のご協力で実施しました。この狭い敷地に200名ぐらい集まり、大盛況でした。



手前味噌ではありますが、多くの方から「気持ち良い空間だね」「散歩にちょうどいいね」と言っていただけました。
どうぞ構えずにフラッとお立ち寄りください。その時にはきっと皆様に面白いねと思っていただけるような展示や様々な企画がやっているよう頑張っていきたいと思います。

茅ヶ崎ゆかりの人物館は皆様と一緒に成長していく施設です。これから末永くよろしくお願い致します。

長文にお付き合いくださりありがとうございました。

 
- comments(0) trackbacks(0)
中川一政先生を語る会
今日は、お招きいただいた中川一政先生を語る会に出席しました。

最近はめっきり現代アートばかりですが、私も元々は典型的な西洋近代絵画からアートに興味を持ちはじめたので、中川一政は真鶴の縁を差し引いても好きな画家でした。

昔、中川一政美術館を何度か訪れる中で、制作風景を記録した動画や油彩以外の多彩な作品にも触れ、ますます好きになっていくと同時に、ベレー帽を被った写真や(失礼ながら)偏屈のように思えるエピソードの数々がいわゆる巨匠としてのステレオタイプのイメージを作っていったことも事実でした。

しかし、今日、入江観先生をはじめとする中川先生と親交のあった方々を話を伺うと、いたずら好きのとってもチャーミング(死語だけどこの言葉がピッタリ)な一面が垣間見え、単なるイメージの巨匠から一人の人間としての中川一政を知ることができました。

いま茅ヶ崎ゆかりの人物館のアドバイザーとして「人」にまつわることをコレクションしていく使命を抱えている身として、今回の語る会はとても勉強になりました。

《駒ケ岳》を見ると溢れるようなエネルギーを感じますが、今日のスピーチで「静けさも感じる」と評している方がいました。朝の番組に出演することになり、夕方に録画をする際、頑なに決まり文句の「おはようございます」を言わなかった嘘をつけない真面目な一面を知ると、なるほどと思う部分もあります。

もちろん絵画を楽しむのに、作者の人柄まで知っている必要はありませんが、このような語る会によっていつまでも作家とその作品を大切に守り楽しんでいくというのはとても面白いと思った次第です。

お招きいただいた真鶴町の関係者の皆様、主任学芸員の新井さん、心より御礼を申し上げます。中川一政美術館のますますのご発展を心より祈念しております。


さて、残念なことが2つほど。

ひとつはとっても素敵で美味しいケータリングを用意してくれた真鶴のおしゃれカフェ「蛸の枕」さんの料理を全然楽しめなかったこと。14:00〜16:00という時間設定だったので、たぶん軽食ぐらいだろう&あんまり中途半端な時間に食べると夕食がキツくなると思い、立ち食い蕎麦でサッと掻き込んでいったら、まあ見目麗しい料理の数々が...

小食な私は全然食べれなかったです。

もうひとつはトンボ帰りだったこと。預かってた荷物を置きに実家に寄ったぐらいで、滞在時間=ほぼ語る会の実施時間でした。
今日は空気がとっても澄んでいたのか、中川一政美術館への道中、熱海方面の海へ目をやると伊豆七島まで見えました。海もとってもキレイで港を見下ろすと、まあなんとも言えない最高の風景です。

中川一政が居を構える理由も分かりますね。3月中旬は次年度の準備のため少し外仕事を控えているので、一週間ぐらい実家に戻って仕事をしようと画策しています。真鶴で講義の準備や執筆関連、それと研究計画書を整えたりしたいなと。西湘地域の皆様、その際はぜひお相手してください!
- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/21 | >>