from Hirai-Laboratory web


博物館経営の研究者のBlog.
研究を中心に趣味や日常などについても紹介していきます.

開館10周年記念展 庭をめぐれば@クレマチスの丘
 私は実績からみても文句なく晴れ男なのですが…


梅雨の最中、折からの大雨で、いま考えると野外美術館に行けただけでもすごい!
箱根越えは真っ白な霧の中を行くスリリングなドライブでした(汗)



私の個人ランキング国内ベスト10に入る超「推し館」(一押し美術館的な造語←ちょっと流行らせたい)である「ヴァンジ彫刻庭園美術館@クレマチスの丘」



霧のおかげでちょっと幻想的な雰囲気



象嵌の名手。歯がリアル過ぎてちとキモイ





実はこのジュリアーノ・ヴァンジという彫刻家、私が学芸員資格課程の実習(大学4年次)で箱根彫刻の森美術館でお世話になっていた時に企画展をやっていたのです。


そして、一目惚れ♡


ミュージアム・マネジメントの研究を志して大学院に進学して、すぐにヴァンジの個人美術館が日本に開館したことを知る。しかも母方の故郷である静岡県に。


もう運命でしょ、と言わんばかりに好きなアーティストであり、推し館です。毎年必ず一回以上は行ってます。しかも、またまた好きな杉本博司氏設計のIZU PHOTO MUSEUMもできたしね。



また、このクレマチスの丘は、ヴァンジ彫刻庭園美術館、IZU PHOTO MUSEUM、ベルナール・ビュフェ美術館、井上靖文学館の4館によるミュージアムコンプレックスになっている。

さらにレストランのレベルも高いし、ショップは日本屈指だと思う。最近ショップはちょっとオシャレっぽい館だとほとんど業者が一緒のため商品が代わり映えしない。ここも半分ぐらいはそうだが、オリジナル商品もあるし、メイドイン静岡プロダクトも意欲的に紹介している。


一日遊べるし良い館ですよ。車で行けば三島大社に行ったり、うなぎ食べたりもできるしね♪



肝心の企画展ですが、庭をキーワードに19組のアーティストが作品を展示しています。奈良美智、草間彌生、川内倫子などのキラ星級のスターもいますが、少なくとも私はあまり知らない方たちの作品もなかなかステキで楽しかったです。

ただ霧雨のせいで庭にある作品たち(まさに企画展の肝!)が全然みれませんでした。
というわけで08/31の最終日までにもう一度いきたいと思います。


IZU PHOTO MUSEUMでやっていたのはこれ!


その総数にただただビックリ!

すっごい欲しかったのに一瞬で売り切れちゃった熊本市現代美術館の企画展パンフレット探したんだけど見当たらなかった…残念


そうそう、霧+小雨+平日だったけど駐車場は出たり入ったりでほぼ満車(レストランのみのお客さんもいる)。アラーキー効果はあると思いますが、やっぱり人気もあるみたいです。

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hirai-lab.jp/trackback/67
<< NEW | TOP | OLD>>