from Hirai-Laboratory web


博物館経営の研究者のBlog.
研究を中心に趣味や日常などについても紹介していきます.

軽井沢千住博美術館
先月末、軽井沢に行ってきました。

ずっと行ってみたかった西沢立衛設計の新しい美術館です。

正直なところ肝心の千住博については滝の人ぐらいの知識しかありません。

館内の写真はNGなので外観だけ。


腕の問題もありますが、そもそも建物全景をパッと撮れるようなロケーションがない!
美術館の周辺はカラーリーフガーデンになっていて植物いっぱいです。建物も低層なので外観は良い感じに写せないですよ。


見せ場は館内なわけですよ。内観は公式Web Siteでみてください。

気になったところは以下のような感じです。

・くり抜かれたような明かりとりの中庭によって驚くほど館内が明るい
 →UVカットガラスのようですが日本画(ですよね?)であの明るさは平気なんだろうか

・傾斜のある地形に沿って奥へ緩やかに下っていく感じが良い
 →普段平らなところを歩いてばかりなことに気づきます

・基本的に展示室(個室)はなく、ひとつの大空間
 →展示用の壁兼柱が点在するが中庭のおかげで空間的には広く感じる

従来の美術館建築の王道タイプ(でかい空間にパーティションで区切り)でも、金沢や十和田のような西沢氏の得意技(大小異なるサイズの展示室を配置)でもない形。

ちと思うところがないわけじゃありませんが、私設ミュージアムは制約なく好きにできるので
いいですよね。最近こと美術館で面白いなと思うのはほとんどが私立です。



VIとサインと建築の相関にも気を使ってらっしゃる。

カフェは浅野屋、ショップもステキでした(西沢さんの本を買っちゃった)。
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hirai-lab.jp/trackback/63
<< NEW | TOP | OLD>>